お布団だいすき

けっこう気合入れないと外に出られないダメ人間のブログ

銀魂2を観た

 銀魂好きかい?

ワイは好き。

 

まぁ最近は全然読めてなくて、最近っていつだよと思ったらもう5年くらい前からなんで実際そんなに最近ではなかったですけども(リアルタイムで更新される文章ですみません)。

ちなみにヅラが好きです。

ズレた堅物イケメンが好きなんだと思います。

 私高橋留美子の「らんま1/2」が好きなんですけど、

彼には「らんまに出てきそう感」があります。

知っている方にはなんとなくご理解いただけると思います。違和感なく馴染んでそうです。

 

実写版映画一作目は去年邦画映画ナンバーワンとなりましたね。

すごいね。

「実写(笑)」という輩を数字という最強のウエポンで押さえ込んだ感があります。

正直私も(笑)サイドの人間でした。

っていうか今も割と(笑)サイドですが。

 

誤解しないでいただきたい。

銀魂という作品の性質上、(笑)感はあってしかるべきでしょう。

原作もメタいネタやってるし。

制作サイドからの「ネタなんですよ!これは!」というメッセージもそこかしこに感じますし。

 

ただこの押さえ込み、けっこう力技感があります。

話自体は人気のエピソードでしっかり骨組みがありますが、

個人的な印象として

 

人物や設定の説明、おまけ的おもしろエピソード、小ネタ

 

など良くも悪くも盛りだくさんで、バラバラととっちらかってる感があるように思えました。

もう10年もやっとる漫画を、初めて銀魂に触れる人を想定して、

その魅力を2時間に詰め込む…

 

そら難しいわ!

そこ考慮すれば十分上手にやっとるわ!

ってな感じで…

 

だから構成とか展開に多少無理が生まれており、

そういう意味では脚本にちょっと雑な印象がございます。

これ以上にストーリー練りこまれまくった邦画なんていっぱいあるもの。

 

でも銀魂が邦画で一番売れたんです。

映画は総合力ですね。

 

 

原作の人気。

 

素晴らしい役者たち。

 

そして先ほど申し上げたような「銀魂実写(笑)」感で

全てが許される雰囲気。

 

これらの絶妙なフュージョンで爆発的ヒットに至ったのだと思います。

 

ここから2の感想に行きます。

 

 

 

いやーーーーーーーー

真選組ぃ〜

かっこいいよぉ〜

 

真選組の隊服をデザインした原作者の空知先生は天才ですかね。

多分考えた時は実写化されるなんて思いもよらなかったでしょうけど、

実際の人間か着てもめちゃめちゃめちゃめちゃかっこいいからねアレ。

 

そしてやっぱ柳楽優弥は!

最高ですね!

 

彼は色気ですね!

公式ツイッターで、ご本人がものまね風メイクみたいに口元を隠してるネタ写真が上がってましたけど

 

柳楽くんのそれを見た瞬間1秒で

あっこれあかんやつ

これ好きなやつや

アーーーーーーー

 

となりました。

他の3人(万屋)はみんなぱっちりなんですけど、彼だけちょっと細めた感じなんですよね。

 

ちなみに写真は神楽の環奈ちゃんが撮ったんだそうです。

メンズたち環奈ちゃんにそんな表情を見せるんだね。

仲良しだね。

萌えるね。

 

トッシーはさすがの演技力。

これは誰もが思うところでしょう。

そんな事より最初のキャバクラ護衛のあたりでタバコもしゃもしゃしながら喋るところが気になりました。

タバコ吸ってる人ああやって喋るの?

あれどっか固定してるんですかね?

 

そして脳裏から焼き付いて離れないムロツヨシのアスカラングレー。

小栗旬ミサトさんもなかなかインパクト。

菅田くんの綾波レイは普通に可愛い。

そうそう、菅田くんは海月姫で女装してて、それはそれは可愛かったんですけど

なぜかキャバクラのパチ江はガチ微妙という。

引き出しが多いんだね〜(?)

 

あと沖田は綺麗ですね〜

大勢いるイケメン俳優の中から頭一つ抜きん出ている感。

人気も頷ける。納得。

 

中村勘九郎さんは所々歌舞伎でした。

っていうか演技の貫禄が一人すごいよ。

ちょいちょい大河見てるみたいだったよ。

 

あと環奈ちゃ〜ん!

神楽にしてはグラマラスな気もするが顔が完璧なのでもう何も言わない。

体張ってるしアクションもよかったよ環奈ちゃ〜〜ん(クソオタ)

そういやあの傘って弾出るんやったな。

すっかり忘れてて「スプラトゥーン…」って思っちゃった。

 

役者の話ばかりになってしまいました。

だってよかったんだもの役者が。

ボリュームのあるエピソードを切り貼りした感、戦闘シーンの間延び感は否めないなど構成の甘さを役者の力でうまくカバーしていると思います。

 

でも!そんな隙のある構成の中、私はうっかり泣きそうになってしまった場面がありました!

鴨太郎の幼少期からの「絆が欲しかっただけ」のシーンです。

お前死んじゃうのかよ(涙)

頼むから幸せになってくれよぉ(涙)

 

ただし輪になって絆ピカーのシーン(見たらわかる)

ナウシカ…」って思ってちょっと涙引っ込みました。

 

そうそう、あと勝手に心配したのはフェイクのエンディング。

あれ若い子達パロディと気付かず「ただのおしゃれ風エンディング」と思っちゃうんじゃ…。

 

色々書きましたけども、お祭り感のある素敵な映画でした。

キャラの再現度が高いのと、役者自身が楽しんでやってますって感じが伝わってくるので見てる方も楽しいです。

銀魂世代ならなんやかんや突っ込みつつ面白がって見られるんじゃないかなぁ。

ただギャグはなまじ原作再現度が高いだけに合う合わんがあるやろなぁって感じです。

 

最後に!

 

ヅラ子美しいよーーーーー!